機関誌7月号をウェブサイトにアップしました

機関誌「情報労連REPORT」7月号をウェブサイトにアップしました。

特集は「悪質クレームに向き合う」です。昨今、消費者からの悪質クレームに悩まされる労働者が増えています。労働組合としてこの問題にどう向き合うか、考えました。ぜひご覧ください。

特集
「悪質クレーム」と向き合う

■「悪質クレーマー」の心理と社会的背景
池内裕美(関西大学教授)
■覆面座談会
コールセンターでの悪質クレームの実態は?
■「おもてなし」と「過剰労働」の視点から
阿部真大(甲南大学准教授)
■ブラック企業と悪質クレーム
坂倉昇平(NPO法人POSSE)
■法的観点からみた悪質クレーム
新村響子(弁護士)
■悪質クレーム防止へ 立法の動き
石橋みちひろ(参議院議員)
■労働組合の取り組み事例
UAゼンセン/自治労
■海外の取り組み事例
イギリス商業労組/韓国

http://ictj-report.joho.or.jp/1707/

関連記事はこちら

関連する記事がありません。