2020年 情報労連賃金実態調査 ご協力のお願い

現在情報労連では加盟組合と連携し、組合員の賃金実態調査を実施しています。

会社に対する労働条件引き上げのための交渉や、働く人の処遇が適切に決められているかなどのチェック機能を発揮するためには、組合員の皆さんの賃金の状況を把握・分析し、会社に対し説得力のある話し合いをする必要があります。

また、賃金引き上げの機運を高めるために経営者団体や行政などにはたらきかけるには、同じ業種や地域で働く人々と共同で取り組むことも重要です。

調査の趣旨をご理解いただき、ぜひご協力をお願いいたします。
※本調査は情報労連に加盟する労働組合の組合員を対象としています。
(調査方法は組合ごとに異なるため、入力の可否については加入する労働組合へ確認ください)
なお、入力いただいたデータは以下の目的にのみ使用します。

・情報労連および連合(地方連合会含む)で集計し、産業・地域の賃金相場や目標水準を提示します。

・所属する労働組合において、会社に対する労働条件の引き上げ交渉やチェック機能を発揮するための資料とし、説得力ある話し合いを行います。
入力ページはこちら

https://www12.webcas.net/form/pub/ictj/chingin

関連記事はこちら