情報労連に加盟し、組合活動のさらなる充実を

情報労連に加盟し、組合活動のさらなる充実を

情報労連は日本最大の労働組合のナショナルセンターである「連合」を構成している産業別労働組合のひとつで、NTT労組、KDDI労組、ソフトバンク労組など情報通信・情報サービス産業を中心に構成され、現在、約260組合・約20万人(約430社)が参加しています。

また、情報労連のブロック支部および県協体制によりすべての都道府県で相談・指導体制を構築しております。

単組ではなかなか解決できない取り組みの悩みや事業課題などはもちろん、産業ごとの課題や社会貢献、人材育成など、産別のスケールメリットを活用することで新たな解決や取り組みの道が開けます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

情報労連加盟のメリット

(1)より労使対等で話し合うことの出来る、労働組合の総合力強化
・企業再編、リストラ、倒産、不当労働行為‥など会社対応のバックアップ。
・団体交渉への出席。
・交渉時などに必要なデータの提供。
・段階に合わせた組合役員研修(新任、ベーシック、スキルアップ、リーダーシップ)
・レクリェーション
(各県域において独自のレクが行われています。単組のレク活動として組合員やご家族の参加が可能です。北海道スキーツアー、潮干狩り…。)
・各種セミナー‥等。

(2)加盟組合間の連携強化
・同業他社や同じ地域の労組を通じたネットワーク、情報交換

(3)福利厚生面の強化
・共済や、福利厚生サービスサイト「あいねっと倶楽部」等々、組合員やご家族が利用できる各種相互扶助が利用可能に。プライベートの問題も顧問弁護士など各種専門家に無料にて相談可能です。

(4)業界の発展と働くルールづくりに寄与
・関係省庁への要請、業界団体への働きかけ等
・組合員の意見を政治の場に
・物価や税制等々、労使の努力だけでは解決が難しい課題があります。国や地方の政治のあり方で大きく左右されてしまいます。そこで、私たちの意見を直接反映してくれる議員を議会へ送り込み、政治や政策を勤労者、生活者の視点に立つものに変えていく事ができます。

産別加盟用フォーム

* は必須項目です。



送信前に上記のチェックを付けてください。

* は必須項目です。

※秘密は厳守します。

※専門の職員より、折り返しメールアドレスへご返信させていただきます。