19台目の車椅子、東京都・喜楽里 すみだ工房に贈呈!

情報労連東京都協議会は6月13日(木)に、プルタブ回収運動により寄贈された車いすを「喜楽里 すみだ工房」に贈呈をいたしました。

車いすの贈呈にあたり、五月女議長から「情報労連の全国の仲間で取り組み、今回が全国で19台目の車いすの寄贈となります」と贈呈の証をお渡しいたしました。喜楽里理事長からは、「地域障害福祉事業に対し暖かいご理解の上、車いすのご寄贈を賜り誠にありがとうございます。大切に使わせていただきます この多大なる貢献に対し深く感謝いたします」と感謝の言葉をいただきました。

今後も、全国各地で車椅子を必要としている施設へ寄贈できるようプルタブ回収の取り組みを行っていきます。

関連記事はこちら